契約書記事一覧

契約は、双方の合意があれば、それだけで有効に成立します。「売ります」 「買います」という合意さえあればたちどころに売買契約は成立します(民法555条)。したがって、契約書がなければ契約は成立しないとか、契約の効力は発生しないということはありません。“契約自由の原則”は近代市民法の主要な基本原則ですが、この原則には“契約締結方式の自由”、つまり、契約を締結する形式は各人の自由であり、どのようなもので...

単に契約書とするのではなく、売買契約書、金銭消費貸借契約書、建物賃貸借契約書などのように具体的に表示する必要があります。収入印紙印紙税法の定めに従い、不動産など譲渡に関する契約書、金銭消費貸借契約書など印紙を貼る必要があります。ただし法律行為の有効無効と印紙の有無は直接の関係はありません。また印紙には消印が必要です。当事者の表示誰と誰の契約なのか、契約の効力の及ぶ権利者と義務者は誰と誰なのかを表示...

下記の条項は、契約書の付随的な条項になりますが、当事者が履行しない場合に生きてくる重要な条項になります。履行期限・存続期間履行時期は、主として1回限りの売買契約などで必要です。存続期間は、継続的取引や賃貸借の場合必要です。解除・解約解除解約できる事由(契約不履行・破産申立など)を定めます。損害倍賞損害倍賞については具体的に定めます。金銭の貸借では年率、日歩で定めます。保証・連帯保証契約の当事者が個...

土地売買契約書建物売買契約書土地建物売買契約書動産売買契約書自動車売買契約書

スマホ・携帯電話からのお問い合わせ

・番号タップで発信画面に移動します。




TOPへ